所長挨拶

 資源植物科学研究所は平成26年(2014年)度に100周年を迎えることが出来ました。大正3年(1914年)に大原孫三郎が創設した財団法人大原奨農会農業研究所は、第2次世界大戦後は岡山大学に移管され、時代の要請にあわせていく度かの改組を経て、平成21年(2009年)には文科省より「植物遺伝資源・ストレス科学」の全国共同利用・共同研究拠点として認定され、平成22年(2010年)に植物科学研究を中心とした「資源植物科学研究所」として新たな船出を行いました。ストレス科学研究を推進するために、植物ストレス科学共同研究コアに各ストレスに関するユニットを設け(大気環境ストレスユニット、土壌環境ストレスユニット、環境生物ストレスユニット)、大麦・野生植物資源研究センターには2つのユニット(遺伝資源ユニット、ゲノム育種ユニット)、さらには新しいシーズ研究と国際共同研究のための次世代作物共同研究コアを設けています。平成22年(2010年)度から平成26年(2014年)度までの5年間で、延べ229件の共同研究が実施され、その研究成果は参加研究者がファーストオーサとなった多数の論文として発表されております。このような成果を出すことが出来えたのも、ご支援いただいた各研究者コミュニティーはもちろん、本研究所の活動にご理解とご協力をいただいております多くの皆様方のお陰と深く感謝しております。その結果、共同利用・共同研究拠点としての中間審査で高い評価をいただいております。平成27年(2015年)度には共同利用・共同研究拠点1期目の期末評価が行われ、その評価結果に基づき認定更新の可否が判断されることになっております。岡山大学としても拠点継続を強く期待していただいているところでもあり、所員一同さらなる向上のもとに認定更新を目指していきたいと考えている次第です。
大原孫三郎が財団法人大原奨農会農業研究所を創設した目的は、「深遠なる学理を研究し之が実際的応用に依る農事の改善」であり、氏は「将に来る可き農業問題に対し貢献することが出来ますれば非常なる幸福である」(大原農業研究所史 1961年)と述べたとされております。現在は、産業革命以降の計り知れない科学研究の発展のもと、地球環境の変化に伴い、気象の変動や急激な人口増加に伴う種々の食糧問題が惹起しております。かつては、研究所の先達である小林純先生がイタイイタイ病の原因が食物に含まれるカドミウムであることを発見し、最近、イネにおけるカドミウムの吸収・蓄積機構が明らかにされ、カドミウム蓄積の少ないイネの創出も見えてきました。また、研究所が保有するオオムギの世界的な遺伝資源は、高橋隆平先生をはじめとするオオムギ研究に携わる先生たちの努力の結晶ですが、オオムギのゲノム解析にも大きく貢献し、オオムギばかりでなく他のムギ類の分子遺伝学的研究や分子育種への有用なツールを提供しています。さらには、広範に収集されている野生植物の新たな利用も共同研究から生まれようとしています。このように、かつての先達が取り組んでこられた農業問題に新たな視点からの問題解決が図られていることに所員一同矜持としているところであります。
ストレス科学研究は地球規模で必要であることから、これまでも多くの国際的共同研究は行われてきました。また研究所を中核にしたケニアのジョモケニアッタ農工大学を中心とした東アフリカでの植物科学研究に係わる共同研究・人材育成に意を注いできているところでありますが、今後さらに海外の研究機関との共同研究拠点形成に向けて努力していきたいと考える次第です。
研究所のもう一つの重要な使命は人材育成です。研究所は岡山大学大学院環境生命科学研究科に属していて、海外からの多数の留学生を含めて基礎から応用まで広く深く知識を吸収してもらうべく、いくつかの教育プログラムを提供しており、国際的に活躍できる人材育成に意を注いでいます。平成26年(2014年)度からは国内外の若い研究者のための国際トレーニングコースを開催し、研究所の最先端機器を利用した分析手法の習得にも一役買っております。

植物がさらされる種々のストレスに対する応答反応を明らかにし、ストレス耐性作物育成に向けた新しい取り組みも必要とされるところです。今後、研究者個々人のさらなる向上を期待するとともに、そのために必要な改善を図り、拠点継続と国際研究拠点形成を目指していきたいと考えております。
皆様方の熱い期待に応えることはもちろんでありますが、同時にさらなるご支援を期待いたしております。

2015年4月
岡山大学 資源植物科学研究所
所長 前川 雅彦