| お問い合わせ | Home |  

植物・昆虫間相互作用グループにようこそ!

教授 Galis Ivan
助教 新屋 友規

 植物は植食性昆虫に対する防御機構を、植食性昆虫との共進化の過程で獲得してきた。この過程において植物は多様な防御機構を発達させてきており、害虫に対する「直接的防御機構」と「間接的防御機構」2つの防御戦略を有している。また植物自身のエネルギーを防御反応と成長とにバランスよく配分ための制御機構を進化させてきている。

Laboratory of Plant Defenseでは植物・植食性昆虫相互作用における、植物の植食性昆虫認識機構および認識後に誘導される防御誘導機構を理解するため、以下の切り口で研究を進めている。

  • 植物による植食性昆虫認識機構の解明に向けた植食性昆虫由来エリシターの解析

  • 植食性昆虫に対する応答における植物ホルモン(ジャスモン酸, エチレン, サリチル酸, アブシジン酸)の役割およびシグナルクロストークの解析)

  • 植食性昆虫の攻撃に対して機能する転写因子および転写制御機構の解析

  • 単子葉植物における植食性昆虫に対する防御応答に寄与する新規な2次代謝産物の同定

〒710-0046 倉敷市中央2-20-1 岡山大学 資源植物科学研究所 植物・昆虫間相互作用グループ 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2010 IPSR Okayama University All Rights Reserved.