| お問い合わせ | Home |  

植物・昆虫間相互作用グループにようこそ!


最新情報
  

我々は植物・植食性昆虫相互作用における、植物の植食性昆虫認識機構および認識後に誘導される防御誘導機構を理解するため研究を進めています。

詳細については研究内容をご覧ください。




植物は外敵となる植食性昆虫との生存競争のなかで、多様で巧みな防御システムを構築しています。本グループでは植物の防御戦略を理解することを目指し、二次代謝物や揮発性物質等の防御機構を担う分子に注目した解析を行っています。これら防御機構に注目しながら、作物の耐虫性向上に向けた研究を展開しています。また、植物が植食性昆虫に対して防御応答を誘導する際、食害する昆虫種により、応答の質(種類)や応答の量(強さ)が異なる場合があることが知られています。植物がどのように昆虫種の違いを識別し、どのように防御応答の質・量を決めるべく制御された防御シグナルを活性化するのか、その分子機構に注目し研究を行っています。

〒710-0046 倉敷市中央2-20-1 岡山大学 資源植物科学研究所 植物・昆虫間相互作用グループ 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2010 IPSR Okayama University All Rights Reserved.