進路・就職状況

博士前期課程を修了後に多くの方は民間企業へと就職します。
博士後期課程修了後は主に研究機関に属し、研究を続けていく方が多いです。

民間企業:
バイオバンク、成田珈琲、シェル商事、朝日工業、アクアス、富士市農業協同組合、ABCマート、三和科学研究所、揖保川工業、ふじや食品、キミセ醤油、カムテックス、サラヤ、アグリカルチャーセンター、ナント種苗、カバヤ、中国塗料株式会社、常盤メディカルサービス、シーアイ化成、JAいづも、(財)日本食品分析センター、明治乳業、岡山県食品、KISCO、ニッコー、東西化学産業、(社)京都微生物研究所、クボタ環境サービス、ダイナコム、エイトコンサルタント、雪印乳業、松下環境空調エンジニアリング、塩野香料、WDBエウレカ、鶴見製作所、山陽機器、ヤスハラケミカル、三栄源エフエフアイ、友栄食品工業、小野薬品工業、大信産業、長瀬産業、林原、テクノプロR&D、アグロカネショウ、旭遠山、タキイ種苗、永谷園など

官公庁:
環境省生物多様性センター、厚生労働省検疫所、(独)産業技術総合研究所、(独)種苗管理センター、兵庫県庁など

平成
23年度
平成
24年度
平成
25年度
平成
26年度
平成
27年度
博士前期課程 進学 0 1 3 1 0
民間企業 5 4 2 5 5
その他 2 0 0 0 1
博士後期課程 研究機関
(ポスドク含)
2 2 2 2 2

平成28年3月31日現在