第9回企画展 「植物でみだしなみ」開催のお知らせ

第9回企画展 「植物でみだしなみ」

開催期間:2017年3月23日-2017年5月13日
場所:岡山大学資源植物科学研究所 史料館1階

 私たちは、日々、何かしら身だしなみに気を配って生活しています。身だしなみとは、周囲の人に不快感を与えない、その場にふさわしい姿の事です。そして、どんな姿がふさわしいのかは、地域や時代、場面や状況によって千差万別です。この身だしなみ、実は意外に多くの植物に支えられています。身にまとう衣服はもちろん、体を清潔に保ち、また美しく装うためにも、古来より私たちはあの手この手で身近な植物を加工し利用してきました。
 気候が違えば生育する植物も違います。そのため、人類の歴史の初期にはその地域に自生する植物が利用されました。やがて流通の発達により、徐々に離れた地域の植物やその加工品が入手できるようになり、そして近代以降は、世界各地の有用な植物が、大規模な栽培(プランテーション)により世界中で利用されるようになりました。
 現代では化学的に合成された代用品もありますが、元々自然界に存在していなければ、代用品が作られる事もありません。私たちの身だしなみは、多様な植物の持つ様々な性質、そしてそれを引き出し利用した先人達の知恵によって形作られてきたのです。今回の展示では、私たちの身だしなみを支える多彩(多才)な植物について、東西の植物画からご紹介します。

・展示資料
『本草図譜』『有用植物図説』『Curtis’s botanical magazine(カーティス・ボタニカルマガジン:イギリス)』『Phytanthoza-Iconographia(花譜:ドイツ)』等

関連リンク:http://www.rib.okayama-u.ac.jp/research/library.html

お問い合わせ:
岡山大学附属図書館 植物研分館担当
TEL:086-434-1204
Email:fde1204◎adm.okayama-u.ac.jp
※◎を@に置き換えて送信してください。