植物科学研究棟竣工式が行われました

岡山大学倉敷キャンパスである資源植物科学研究所は、昨年4月より大規模な改築を行っています。第一段階として行ってきた旧管理棟の植物科学研究棟への改築が、このたび無事に完了いたしました。6月3日は、大原財団、倉敷市、岡山大学より来賓にご出席いただき、竣工式を開催いたしました。
IMG_6936

当研究所は、2014年に100周年を迎えました。つまり、今年は、当研究所にとって、新世紀の幕開けとなる年です。新棟竣工により、拠点共同研究のためにより広いスペースを獲得したことで、国際的な共同研究拠点として植物ストレス・遺伝資源に関する優れた研究を行うという、当所の新世紀における目標実現への重要な一歩を踏み出したと考えています。

01-all

今後は、更なる研究環境の整備に向けて、一号棟及び2号棟の改築を2016年3月に完了することを目指しています。

allgather