JSPS拠点形成事業(アジア・アフリカ基盤形成型)主催 アフリカセミナー「ケニア国における稲作研究とJICAプロジェクトの紹介」

6月30日(火)に本拠点形成事業主催でアフリカセミナー「ケニア国における稲作研究とJICAプロジェクトの紹介」を開催し、2名の講師をお招きしました。

講演一題目は「ケニア稲作の現状と課題解決に向けた国際共同研究」と題して
名古屋大学農学国際教育協力研究センター・槇原先生から、ケニアの稲作について、干ばつ、冷害、塩害、低肥沃土壌、いもち病などが問題となっているケニアの稲作の現状と課題解決に向けた取り組みについて講演して頂きました。

二題目は「 JICA専門家の仕事とは?-ケニアにおける市場志向型農業SHEP(小規模園芸農民組織強化計画プロジェクト)アプローチについて-」と題してJICA専門家の橋本先生によるSHEPアプローチと呼ばれる農家の経営を改善するための農業技術支援についての講演して頂きました。
また橋本先生がこれまで行ってきたJICA専門家としてのミャンマーでの農業支援活動についても紹介して頂きました。

セミナー後は研修のため来日していたアフリカのJICA普及員の方々を交えBBQパーティーを開き、親睦を深めました。

場所:岡山大学 農学部1号館第1講義室

関連リンク:http://ipsrkenya.org/seminar/20150706/

問い合わせ:光環境適応研究グループ 坂本