岡山大・植物研お知らせ(拠点研究公募内容が変わります)

植物科学研究者の皆様

全国共同利用・共同研究拠点(植物遺伝資源・ストレス科学)事業では平素よりお世話になります。岡山大学植物研では、2010年度より本事業を立ち上げて公募研究を募集し、これまでに472件の共同研究を実施し、国内外の植物科学研究を支援して参りました。加えて、毎年3月初旬に行われる植物ストレス科学シンポジウム・成果報告会では毎年150名を超える参加者が集い研究交流を進めており、実際の研究支援だけでなく、成果の共有による貴重な情報交換の場を提供しており、遺伝資源・ストレス科学を中心とした基盤研究を広くサポートしています。

さて、今後も共同研究をさらに活性化させるため、新たに来年度より、共同研究の公募内容を若干変更し、これまでの一般研究枠に加え、「重点研究枠」「若手奨励研究枠」を設けることになりました。

A. 重点研究枠:植物遺伝資源・ストレス科学研究の飛躍的な発展が期待される課題(上限額75万円/年・件、原則1年間〔2件程度〕)
B. 若手奨励研究枠:若手限定の研究課題(上限額45万円/年・件、原則39歳以下〔5件程度〕)
C. 一般研究枠:従来と同じ(上限額30万円/年・件〔40~50件程度〕)

公募テーマは、これまでの植物遺伝資源・ストレス科学研究に加え
・次世代作物の開発に関するフィールド統合科学を取り入れた研究
(エコフィジオロジー研究、作物イノベーション研究、作物デザイン研究)
も推奨しています。

本公募は、11月より開始しますが、変更点について、皆さまに事前に周知させていただきます。公募の締切は重点研究枠および若手奨励研究枠が12月13日、一般研究枠が1月10日です(重点研究枠および若手奨励研究枠で1次審査を通過しなかった場合、一般研究枠への申請が可能)。本公募の詳細につきましては、11月以降に以下のサイトをご覧いただくか、ご質問等あれば担当まで連絡ください。

拠点共同研究サイト:
http://www.rib.okayama-u.ac.jp/collaboration/collaboration1.html

連絡先:岡山大学資源植物科学研究所 共同研究担当
kyodo1247@… (*@…は、@adm.okayama-u.ac.jp に置き換えてください)

多くの方にご応募いただければと思い、皆さまにメールを送らせていただきますので、よろしくお願いいたします。

坂本 亘(岡山大学資源植物科学研究所長)