「西洋の貴重な資料34点 岡山大資源植物研で公開」の記事が山陽新聞に掲載

倉敷市の実業家大原孫三郎(1880~1943年)が大正期に創設した大原農業研究所(現岡山大資源植物科学研究所)など3研究所で収集された資料の公開が16日、同市中央の岡山大資源植物科学研究所史料館で始まったの記事が7月17日付の山陽新聞に掲載されました。
山陽新聞本社HP(さんようタウンナビ)に情報を掲載。
http://town.sanyo.oni.co.jp/news_s/d/2013071709561617

報道機関: 山陽新聞 2013年7月17日 33面