「植物生育へマンガン供給 調節タンパク質発見」の記事が山陽新聞に掲載

当研究所の馬建鋒教授らは、植物の生育に欠かせないマンガンを葉や穂へ運ぶタンパク質をイネの中から発見、マンガン濃度によって供給量を調節していることを突き止めたの記事が10月27日付の山陽新聞に掲載されました。

報道機関: 山陽新聞 2013年10月27日 32面