「イネ ヒ素から護身 岡山大など解明 蓄積少ない品種開発に期待」の記事が朝日新聞に掲載

岡山大資源植物科学研究所の馬教授らの研究グループが、イネがヒ素から身を守る仕組みを解明した。茎に十数ヶ所ある「関所」でヒ素を捕らえ、隔離していた。ヒ素蓄積が少ない米を収穫できる安全なイネ品種開発につながる可能性があると研究グループは期待している。

報道機関: 朝日新聞 2014年10月30日 25面