「オオムギ発芽時期 仕組み解明 ビール 効率醸造に道」の記事が日本経済/日本農業/山陽新聞などに掲載 

岡山大学と農業・食品産業技術総合研究機構は、オオムギが発芽するタイミングに関わる仕組みを解明した。特定の遺伝子が種子の休眠期間の長さを決めていた。この遺伝子の働きを調節できれば醸造を効率化できるという。今後、品種改良などに役立てる考えだ。

報道機関:
日本経済新聞 2016年5月19日 34面
日本農業新聞 2016年5月19日 15面
山陽新聞 2016年5月19日 28面

WEB NEWS:
日本経済新聞
NHK NEWS WEB
日刊工業新聞
農業協同組合新聞
朝日新聞 DIGITAL