「倉敷・岡山大植物研 園児200人訪問 レンゲ摘み楽しむ」に関する記事が山陽/朝日新聞に掲載

岡山大資源植物科学研究所(倉敷市中央)の実験農地で15日、子供たちによるレンゲ摘みが始まった。初日は、市内の保育園6園から約200人が訪問。園児たちは一面に赤紫色の花が咲く農地に入り、首飾りや草笛を作ったり、虫を捕まえたりして春を満喫した。今年は19日までに市内外から計26校園が訪れる予定。

報道機関:
山陽新聞 2019年4月16日 28面
朝日新聞 2019年4月17日 29面