屋上緑化に用いられる乾燥耐性の高いエゾスナゴケの促成栽培におけるバクテリアの接種の有効性

[著者] Tani A., Akita M., Murase H., Kimara K.

[タイトル] Culturable bacteria in hydroponic cultures of moss Racomitrium japonicum and their potential as biofertilizers for moss production

[掲載誌] J. Biosci. Bioeng(2011). 112, 32-39.

[共同利用機器] DNAシーケンサ

[内容紹介] ヒートアイランド現象の緩和策として、大都市では新規建造物の緑化が義務づけられています。建物緑化 に用いられる植物には様々なものがありますが、最もメンテナンスフリーなものは、エゾスナゴケであると考えられています。本研究ではエゾスナゴケの促成栽 培に用いられる液体培養段階で、その培養液にいる微生物を分離し、性質を調べ、エゾスナゴケに接種した際に生育促進効果が起こることを示しています。これ らのバクテリアをエゾスナゴケ促成栽培に用いて、コストを下げることが出来るかもしれません。(文責 植物・微生物相互作用グループ 谷 明生)

 

関連リンク

植物・微生物相互作用グループ

植物の生育を促進する微生物の研究 (植物・微生物相互作用グループ・谷 明生)