ランえそ斑紋ウイルス(OFV)の最新の総説です。

[著者] 近藤 秀樹

[論文タイトル] 分節型ゲノムを持つラブドウイルス

[掲載論文] ウイルス 63, 143-154 (2013)

[内容紹介] ラブドウイルスはモノネガウイルス目(非分節型マイナス(−)鎖RNAをゲノムに持つ)に所属し,ヒト,家畜,魚類,昆虫類,植物など多様な生物種に感染することが知られています(人畜共通のエマージングウイルスとして有名な狂犬病ウイルスもラブドウイルスの仲間です).ランえそ斑紋ウイルス(OFV)はオンシツヒメハダニにより媒介され,世界のラン科植物の栽培地域に広く分布しますが,発見当初から生物学的特性,粒子形態,細胞内所見の類似性などを根拠にラブドウイルスの一種と考えられていたました.その後の私達の研究により,OFVが2分節型の(−)鎖RNAをゲノムに持つことが判明しました(Kondo et al., 2006).さらに,OFVの遺伝子の構造や構成は植物ラブドウイルス,特にヌクレオラブドウイルス属に類似していることが示されています.本総説では,モノネガウイルスに類似するユニークな2分節型ウイルスのゲノム構造や遺伝子発現様式,さらに核内封入体(viroplasm)の誘導機構に関わる最近の知見やOFVの分類動向を紹介しました.(文責:近藤秀樹)

お問い合わせ先: 植物・微生物相互作用グループ