Plant Physiology「細胞ダナミクス」特集号の編集

[著者] Dan Szymanski, Diane Bassham, Teun Munnik, Wataru Sakamoto

[論文タイトル] Cellular Dynamics: Cellular Systems in the Time Domain

[掲載論文] Plant Physiol., 176: 12-15.

[内容紹介]
Plant Physiologyは植物科学分野のトップジャーナルで、1926年に発刊され、植物生理学だけでなく、生化学、細胞分子生物学、遺伝学、生物物理、環境科学など幅広い分野の学術論文が出版される国際誌です。2018年1月号ではFocus Issue on Cellular Dynamicsと題した細胞ダナミクスに関する特集号が4人のエディターにより企画されました。植物細胞を構築する細胞骨格や、細胞壁、オルガネラの機能維持に関する新しい知見や、オルガネラを構築する膜系のダイナミクスと分裂、最近植物でも注目されるオートファジーや環境とのかかわりなど、Updateと題した総説で述べられています。この特集では、植物ダイナミクスに関連する最新の情報と、解析技術、原著論文も含めた34編が発刊されています。(文責 光環境適応研究グループ・坂本 亘)

関連リンク: 光環境適応研究グループ