| お問い合わせ | Home | 



萌芽的・学際的新展開グループへようこそ!

当グループでは、植物プランクトンHeterosigma akashiwo(学名)の生態生理についての研究を行なっています。

  ヘテロシグマは赤潮原因藻の一種ですが、青い海に数限りなく育っている植物プランクトンのうちの一種に過ぎません。しかしながら、ヘテロシグマをはじめとするこれら赤潮原因藻が、何らかの原因により、急激に高密度まで増殖することがあります。赤潮原因藻の多くは、茶褐色の葉緑体を保つため高密度に集積すると、海水が褐色に着色した『赤潮』として観察されるのです。日本人には馴染み深い『赤潮』ですが、赤潮が発生する原因は、意外に不明な点が残されています。例えば、海水温の上昇や富栄養状態は、赤潮発生頻度の上昇と相関があることが明らかになっています。一方で、実験室で高い水温や不栄養状態の培地で赤潮原因藻を培養しても、赤潮発生時のような急激な増殖は観察されません。つまり、富栄養状態や高い海水温は、赤潮発生の直接原因とは言えないことになります。

これまで、多くの研究者により主に赤潮原因藻の海水中の生息密度と環境要因の関係を読み解くことを志した研究がされてきました。私たちは、ヘテロシグマを赤潮原因藻のモデルとして、赤潮の環境動態を分子・細胞のレベルより読み解くことを志して研究を行なっています。

メールでの問い合わせは、shokouekiATrib.okayama-u.ac.jp(迷惑メール対策のためATを@に替えてください。)へどうぞ。

〒710-0046 倉敷市中央2-20-1 岡山大学 資源植物科学研究所 萌芽的・学際的新展開グループ 

 

 

 

 

 

Copylight (C) 2010 IPSR Okayama University All Rights Reserved.