本文へスキップ
HOME オオムギ 研究内容 リソース ゲノム解析 大学院教育 研究業績
研究内容
オオムギ遺伝資源の収集・評価・利用
実験系統を含む栽培オオムギ約14,000系統と野生オオムギ約600系統を保有し,(1)種子の増殖,遺伝的多様性の評価,(2)特性データのデータベース化,種子配布等の系統保存事業,(3)ゲノム解析の諸手法を使ったオオムギ遺伝資源の機能開発に関する研究に取り組んでいます.また.現在.中央アジア諸国のムギ類遺伝資源の調査・収集活動を行っています.
オオムギのゲノム解析
生研センター「新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業」に採択された「オオムギ重要形質に関与する遺伝子の同定と育種への応用」によって,オオムギ染色体3Hに座乗する遺伝子の配列解析,醸造およびストレス耐性に関わる遺伝子の単離を進めました.また,ナショナルバイオリソースプロジェクトおよび農水省多様性ゲノム解析プロジェクトによって,オオムギの完全長cDNA解析を進めました.

オオムギ有用遺伝子の単離
農業生物資源研究所のプロジェクト「麦類の遺伝子単離と機能解明」において.穂発芽性の育種的な対応の一つとしての利用が期待されるオオムギの休眠性の遺伝解析を目的とし,染色体組換置換系統(RCSL)に由来する大規模分離集団を用いて5HL染色体上のQTLの遺伝子候補を同定しました.この遺伝子の形質転換および機能解析を行いました.

大型プロジェクト

日本医療研究開発機構(AMED) 
ナショナルバイオリソースプロジェクト中核的拠点形成事業(オオムギ)
(代表佐藤和広)

科学技術振興機構 未来社会創造事業
「超開花性による高バイオマス雑種オオムギ育種法の開発」
(代表佐藤和広)

農林水産技術会議事務局
戦略的プロジェクト研究推進事業
「ゲノム編集技術を活用した農作物品種・育種素材の開発」
(代表佐藤和広)

JSPS科研費基盤(A)
「ムギ類種子休眠性遺伝子の分子進化機構の解明と精密育種技術の開発」
(代表佐藤和広)

コンソシアム
国際オオムギシーケンシングコンソシアム
(International Berley Genome Sequencing Consortium)


研究内容


オオムギ遺伝資源の
収集・評価・利用

オオムギのゲノム解析

オオムギ有用遺伝子の単離

大型プロジェクト