| Contact Us | Home |  


Group of Plant-Microbe Interactions (PI Prof. N. Suzuki)

岡山大学資源植物科学研究所 (岡山大学大学院環境生命科学研究科)
植物ストレス科学共同研究コア 環境生物ストレスユニット
植物・微生物相互作用グループ 


当研究室では大学院の学生を募集しています!
こちら

Ascertaining the interplay between plants and beneficial and harmful viruses

Plant growth is influenced by interactions between plants and various microorganisms. Viruses, bacteria and fungi pathogenic are threats to plants. By contrast, some viruses infect phytopathogenic fungi and reduce their virulence, thereby having potential as biocontrol agents. This group studies various bipartite (plant - virus) or tripartite (plant - pathogenic fungus - mycovirus) interplays with specific examination of the multifaceted nature of microbes. Our ultimate goal is to contribute to the promotion of healthy growth of crops and other plants.

植物と善玉・悪玉ウイルスの相互作用を紐解く
植物の生育は様々な微生物との相互作用に大きな影響を受けています。植物に病気を引きおこすウイルス、細菌、糸状菌はその生育に脅威となります。一方、悪玉である植物の病原体に感染し、生物農薬として有効利用できそうな善玉ウイルスも見つかっています。本グループでは、ウイルスの多面性に着目し、二者(植物-ウイルス)、三者(植物-病原糸状菌-マイコウイルス)間の多様な相互作用・鬩ぎあいの研究を進めています。最終目的は、植物の健全な育成を図ることにあります。


Group of Plant-Microbe Interactions
Institute of Plant Science and Resources, Okayama University
2-20-1 Chuo, Kurashiki, Okayama 710-0046, Japan 
TEL +81-86-434-1230 (N.Suzuki), +81-86-434-1232 (Kondo, Hyodo, Maruyama)

   12th PSJ Plant Virus  Disease Workshop  3rd IMS

 Group of Plant-Microbe Interactions 

 

 

 

 

 

Copylight (C) 2010 IPSR Okayama University All Rights Reserved.

スマートフォン版