| お問い合わせ | Home | 



微生物チーム
チームオリジナルサイトです!




ネオウイルス学|新学術領域研究












受験案内   

 大学院に進学してみませんか?  
 ○ウイルス・微生物に関するユニークな研究を展開しています。
 ○留学生も多く国際色豊かです。
 ○研究設備が比較的整っています。
  →研究所の大学院についてはこちらもご覧ください。

 


ウイルスチーム

ウイルスの「表の顔」と「裏の顔」を研究しています。植物を病気にする「表の顔」に関しては、ウイルスがどのように病気を引き起こすのか、植物はウイルスとどのように戦っているのかを調べています。「裏の顔」はウイルスを使って病原糸状菌の防除を目指す「毒(ウイルス)をもって毒(カビ)を制する」というユニークな発想の研究です。

→マイコウイルスとヴァイロコントロール ウイルス,2010 J-Stageへ
マイコウイルス宿主としてのクリ胴枯病菌. ウイルス,2014 .J-stage
→マイコレオウイルスで発見された特異なゲノム変異 Frontiers in Virology 3, 18 link.
→分節型ケノムを持つラフトウイルス. ウイルス 63, 2013. J-stage へ
植物染色体に挿入された非レトロRNAウイルスの化石配列. PLoS Pathog 7, e1002146, 2011 link


  問い合わせ: 鈴木(nsuzukiAT.okayama-u.ac.jp)   
  迷惑メール対策をしています。ATの部分を@に変更してください。


微生物チーム

植物と微生物の相互作用、それも従来の根粒菌や病原菌ではなく、Methylobacterium属細菌などの常在菌の種類や役割を解析し、農業に役立てようという研究です。 卒業生は語る(微生物チーム)

質量分析器を用いた迅速かつ正確な微生物同定方法をMethylobacterium属細菌に応用 PLoS ONE,7(7): e40784, 2012. link  
Methylobacterium属細菌と屋上緑化に用いられるエゾスナゴケにおける、メタノールを介した相利共生をコケの促成栽培に結びつけました PLoS ONE 7(3): e33800, 2012. link

  問い合わせ: 谷(ataniAT.okayama-u.ac.jp) まで    (共生微生物チームへ )
  迷惑メール対策をしています。ATの部分を@に変更してください。

 



■修士(博士前期課程)を験される方へ
 所属先:岡山大学大学院  環境生命科学研究科  
     博士前期課程生物資源科学専攻 植物ストレス科学講座

■博士(博士後期課程)を受験される方へ
 所属先:岡山大学大学院  環境生命科学研究科  
     博士後期課程 農生命科学専攻専攻 植物ストレス科学講座

 10月入学および4月入学
  出願資格審査および出願(7月上旬から中旬を予定)
  入試(専門および英語:8月中旬を予定)

【環境生命科学研究サイトへ】→入試情報
【植物研サイトへ】→大学院募集

 

 

修了生進路

修士修了生:
長瀬産業、朝日工業株式会社、シンジェンタ、塩野香料、天野フーズ、バイオバンク、明治乳業、雪印乳業、松下環境空調エンジニアリング、国家公務員(II種)、兵庫県教諭ほか

博士修了生:
PD (岡山大学・愛媛大学)、岡山大学、浙江省農業科学院、林原、シグマアルドリッチジャパンほか



                                                    Homeに戻る




〒710-0046 倉敷市中央2-20-1 岡山大学 資源植物科学研究所 植物・微生物相互作用グループ 

 

 

 

 

 

Copylight (C) 2010 IPSR Okayama University All Rights Reserved.