| お問い合わせ | Home |  







 













研究内容   研究論文の解説→ ウイルス   



  
  ウイルスは作物にさまざまな病徴を引き起こします!

植物と善玉・悪玉ウイルスの相互作用を紐解く
植物の生育は様々な微生物との相互作用に大きな影響を受けています。植物に病気を引きおこすウイルス、細菌、糸状菌はその生育に脅威となります。一方、悪玉である植物の病原体に感染し、生物農薬として有効利用できそうな善玉ウイルスも見つかっています。本グループでは、ウイルスの多面性に着目し、二者(植物-ウイルス)、三者(植物-病原糸状菌-マイコウイルス)間の多様な相互作用・鬩ぎあいの研究を進めています。最終目的は、植物の健全な育成を図ることにあります。


■植物/病原糸状菌/ウイルス 

菌類ウイルスの分子生物学 (植物/病原糸状菌/ウイルス) :クリ/クリ胴枯病菌(子のう菌)/ウイルス、果樹/紋羽病菌/ウイルスの系を使い、菌類ウイルスの病徴発現、複製・伝搬機構の細胞レベル、分子レベルでの解明を進めています。これらの成果に基づき菌類ウイルスの生物防除因子としての増強・利用を図り、ウイルスを用いた植物病原糸状菌の防除法(ヴァイロコントロール)の実用化を目指しています。

 

 ハイポウイルスに感染したクリ胴枯病菌とクリに対する病原性


ネオウイルス学の構築 これまでのウイルス学は植物あるいはヒトを含む動物に病気を起こすウイルスの研究から発展してきました。本研究室では、これまで見過ごされてきた植物が絡む生態系での菌類ウイルスの役割の解明、新たなウイルスライフスタイルの発見を目指しています。



最近の主要成果
新しいウイルスライフスタイル(ヤドヌシ・ヤドカリ性) Nature Microbiology 1, 15001, 2016. link
→菌類ウイルスゲノムで初めてのIRES(リボゾーム内部進入部位)の報告. mBio 9(2), e02350-17, 2018
抵ウイルスRNAサイレンシング機構のSAGA複合体により転写制御. PNAS 114, E3499-E3506, 2017
ダイサー遺伝子の発現誘導による別種ウイルス間の干渉効果 PNAS 112, 4911-4918, 2015.

以下を総説もご参照ください.
→マイコウイルス研究の新展開 日本植物病理学会報 83, 129-132 (2017) link
→マイコウイルスとヴァイロコントロール ウイルス,60, 163-176, 2010.  J-Stageへ
→マイコウイルス宿主としてのクリ胴枯病菌. ウイルス 64, 11-24, 2014 . J-stage
→多様性に満ちた菌類の 2 本鎖 RNA ウイルス. ウイルス 64, 225-238 J-stage
植物病原糸状菌に感染するマイコウイルス Annu Rev Phytopathol 47: 353-384, 2009. link
→果樹類の重要病害である白紋羽病菌に感染するウイルス Adv Virus Res 86, 177-214, 2013 link


研究内容をもっと詳しく


■植物/病原ウイルス/媒介者 

植物ウイルスの分子生物学 (植物/病原ウイルス/媒介者) :モデル植物/ウイルス、作物/ウイルスの系を用いて、ウイルスの複製や病原性ならびに宿主側のウイルス防御機構を分子、細胞、個体レベルで解析しています。さらに、最近発見された植物や昆虫類ゲノム上に存在するウイルス化石配列(非レトロウイルス様配列)の探索やその存在意義の解明、さらに植物ウイルスのベクター化にも取り組んでいます。

 
 ラン栽培の大敵、OFVの病徴(A)、媒介生物オンシツヒメハダニ(B)、OFV粒子(C)

最近の主要成果
→植物ウイルスの複製に宿主ROS産生系を転用する. PNAS 114,E1282-E1290, 2017
→生物界(植物・菌類)をまたいだウイルスの自然界での発見! PNAS
12267-1227, 2017

以下をご参照ください.
→植物プラス鎖RNAウイルスの複製・翻訳にかかわる宿主因子.Current Opinion in Virology 17, 11-18, 2016
→分節型ケノムを持つラフトウイルス . ウイルス 63 号143-154, 2013. J-stage へ

→植物染色体に挿入された非レトロRNAウイルスの化石 PLoS Pathog 7, e1002146, 2011. link
ネコブカビ類により媒介される土壌伝染性ウイルス
JGPP 79, 307-320, 2013. link
テンサイそう根病の病原ウイルス(BNYVV)の進化と品種抵抗性. 植物防疫 68, 168-179, 2014


研究内容をもっと詳しく  



■植物/共生微生物 
谷先生は新設の「植物環境微生物学グループ」を 運営されることになり、PMIから独立されました.


研究室、研究設備の紹介
 
 研究室は一号館二階の真ん中
 
 廊下もすっきり。
 
 ウイルスチームのメイン実験室(きれいに、そして機能的になりました)。

 -例えばこんな機器を利用しています-
 
 
  透過型電子顕微鏡(TEM;共通機器)    

 
 超遠心分離機(共通機器) ぐるぐる回ってます!

  
   共焦点レーザー顕微鏡 (PMI所有)

 
   ラボのPCRはいつもフル稼働!

 
 育成室で実験植物がすくすく育っています。 

 
  温室(入り口側1/3をPMIが利用しています)
 
 
  実験室からみた研究圃場(オオムギ) 
                                
                                                                 




〒710-0046 倉敷市中央2-20-1 岡山大学 資源植物科学研究所 植物・微生物相互作用グループ 

 

 

 

 

 

Copylight (C) 2010 IPSR Okayama University All Rights Reserved.