投稿者「matsu」のアーカイブ

池田のページ

1.

カテゴリー: 研究内容 | 池田のページ はコメントを受け付けていません。

データ駆動型作物デザイン技術の開発

農業形質は遺伝要因と環境要因で決定されます。作物の生産性は、生育ステージの特定の段階で顕在化する農業形質に依存するため、それまでの環境応答にともなう生理状態変化の履歴が大きく影響します。従って、任意の環境に対して農業形質 … 続きを読む

カテゴリー: 研究内容 | データ駆動型作物デザイン技術の開発 はコメントを受け付けていません。

研究業績

平山業績 以下のリンクを参照してください https://www.researchgate.net/profile/Takashi_Hirayama https://loop.frontiersin.org/people … 続きを読む

カテゴリー: 研究業績 | 研究業績 はコメントを受け付けていません。

研究内容

高等植物の環境認識・応答機構の解明を目指す 環境の劇的な変化は生物にとってストレスとなります。ストレスを与える環境因子としては、 高温、低温、強光、乾燥、高塩濃度、病原菌などによる感染、などがあります。すべての生物は、あ … 続きを読む

カテゴリー: 研究内容 | 研究内容 はコメントを受け付けていません。

アブシジン酸応答機構の分子遺伝学的解析

植物の環境ストレス応答機構の理解 植物が環境の変化を認知しそれに応答していることはよく知られていますが、植物のどのような遺伝子またはタンパク質が外環境や内環境の物理的または化学的変化を認識し、さらにそのシグナル情報を細胞 … 続きを読む

カテゴリー: 研究内容 | アブシジン酸応答機構の分子遺伝学的解析 はコメントを受け付けていません。

メンバー

教授:平山 隆志 理学博士(1992 京都大学)、1989 京都大学化学研究所教務職員、1992 理化学研究所研究員、専任研究員(この間、ペンシルバニア大学博士研究員、横浜市立大学大学院客員准教授及び客員教授を兼務)。2 … 続きを読む

カテゴリー: メンバー | メンバー はコメントを受け付けていません。

トップページ

環境応答機構研究グループにようこそ! 植物は、移動ができない為に生育環境が激変してもそれに適応できなければ生き延びられ ず、植物は特有の環境応答機構を持っていると考えられています。当研究グループは、植物が持つ乾燥などの非 … 続きを読む

カテゴリー: ers | トップページ はコメントを受け付けていません。

気孔におけるアブシジン酸信号伝達経路の解明

気孔におけるアブシジン酸信号伝達経路の解明 * なぜ気孔か?なぜ気孔は動く必要があるのか? 植物の上陸 植物は,地球の歴史をひもとくと,オルドビス紀(およそ4億7千万年前)にはすでに陸上に侵出したと考えられています。この … 続きを読む

カテゴリー: 研究内容 | 気孔におけるアブシジン酸信号伝達経路の解明 はコメントを受け付けていません。

その他の変異株

* 細胞壁形成関連変異 shv3 シロイヌナズナのトランスポゾン挿入変異ラインを利用して、細胞壁形成変異株shv3を分離しました。この変異株は元々根毛ができない表現型で選抜されたのですが、詳細な解析からこの変異株では細胞 … 続きを読む

カテゴリー: 研究内容 | その他の変異株 はコメントを受け付けていません。

大学院生募集中

植物がどのように環境の変化を認知し、それに応答しているのか? その不思議を、我々と一緒に明らかにしていきませんか。 修士(博士前期課程)を受験される方へ 所属先:岡山大学大学院 環境生命科学研究科 博士前期課程 生物資源 … 続きを読む

カテゴリー: 大学院生募集中 | 大学院生募集中 はコメントを受け付けていません。