外国人客員研究員または外国人留学生で長期使用(13泊14日以上)を希望する場合

【長期使用資格,使用期間,使用料】
(1)使用資格
倉敷ゲストハウス長期使用者の資格は次のいずれかに該当するものとし,定められた手続きにより使用を許可された者とします。
① 本学に在籍する単身の外国人留学生
② 本学において研究に従事する単身の外国人客員研究員

但し,下記に掲げる者は対象外とします。もし長期使用開始後であっても下記項目に該当する事態が発生した場合は退去してもらいます。
●留学生において,休学・留年が決まった者
●留学生において,非正規生で,当初の受入許可期間を延長し引き続き在籍することが決まった者
※但し,研究生で,在籍期間が延長期間も含め1年以内の者は含まない。
●学内で懲戒処分を受けた者

※単身とは,単身で来日している者のこと。外来者(家族を含む)の自室での宿泊はいかなる理由があろうとも一切禁止。1泊でも自室に宿泊させたことが発覚した場合は即刻退居。外来者をゲストハウスに宿泊させたい場合は,通常の価格での宿泊であれば可能。(1泊シングル3,000円又は3,500円, ツイン6,500円)

(2)使用期間
①2週間(13泊14日)以上1年以内で使用可能ですが,留学生に限り,使用許可期限は下記のとおりです。
<留学生のみ>
3月退去者:3月26日まで
9月退去者:9月25日まで
※本学修了後に長期使用者として居室を使用することはできません。通常使用に変更する場合は,「長期使用の中止」手続きを行ってください。
②入居期間の延長はできません。

(3)使用料
月額 30,000円
※テレビ受信料,インターネット利用料を含みます。
※電気・ガス・水道料が別途かかります。
※月の途中において入居又は退去する場合の当該月の使用料は,入居日数がその月の日数の半分以下の場合は月額の半分の額を納めてください。
※月の途中において入居又は退去する場合の当該月の使用料は,入居日数がその月の日数の半分を超える場合は1ヶ月分を納めてください。

【施設・設備】
(1)長期使用者用居住施設
住居区分        室数           階別
シングルB       5室まで     2階

(2)共用施設

(1階)管理人室,交流室,ランドリー
(2階)ランドリー

(3)設備
各居室には,次の設備が完備されています。
机,椅子,卓上スタンド,書棚,テレビ,リビングテーブル,ソファ,IHキッチン,食器棚,冷蔵庫,電子レンジ,ジャーポット,ベッド,カーテン,冷暖房機,クローゼット,物干し竿,浴室,トイレ,Wi-Fi
※洗濯機については居室に備え付けておりませんので,各階の洗濯室を利用してください。
各居室に寝具は備え付けておりません。寝具(掛け布団,枕,ベッドパッド)のレンタルを希望する場合は,入居申し込み時に受入教員を通じて申し込んで下さい。レンタル料金は1日40円です。なお,カバー,シーツ,毛布は含まれませんので,自分で用意してください。

【使用申請手続】
(1)研究員の使用申請
①研究員にあっては約2か月前から申請可能です。例えば、9月10日から入居希望の場合は、7月1日から申請できます。
②使用希望する研究員の受入教員を通じて下記書類を提出し,居室の予約をしてください。
倉敷ゲストハウス長期使用申請書(学内限定)
外国人研究者調査票(学内限定):外国人客員研究員受入手続き
※上記書類提出が早い者順に入居予約完了となります。ゲストハウス使用願及び長期使用申請書のみ提出しても,外国人研究者調査票の提出(外国人客員研究員の受入手続き)が出来ていない場合は,正式予約とはなりませんので,注意してください。

(2)留学生の使用申請
①使用者の選考
●原則として毎年2月と8月(使用開始日は各々4月1日と10月1日)に募集を行い,使用者を決定します。
*空室状況によっては募集を行わない場合もあります。
*希望者が多い場合は,「倉敷ゲストハウス長期使用に関する取扱い」に定められた優先順位による選考及び抽選で決定します。
②使用希望者は研究所掲示板等に掲示される募集内容等詳細をよく確認の上申し込んでください。

【各種様式等】
岡山大学倉敷ゲストハウス長期使用者使用心得
ごみの捨て方について

<入居時提出種類>
長期使用届
誓約書

<長期使用中止時提出書類>
長期使用中止届

<退居時提出書類>
退去届