作物根の環境応答とその成長における機能的役割 Developmental responses of crop root system to environment ad their functional roles in growth

開催日:2015年9月11日(金)13:30-14:30
      13:30-14:30, 11 September

学術講演会を開催します
「作物「根系」の本質は,その不均一性にあり,その実態は,「異形根性」にある。根系を構成する根の中で、量的にも機能的にも重要なのは側根である。さらに、異形根間で土壌環境に対して発揮する可塑性が異なり、このことが、根系全体が発揮する「可塑性」の実態であり、土壌環境ストレスに対する作物個体の適応性・耐性にとって重要な形質となっている。」

A crop root system is heterogeneously composed of different roots and such phenomenon is termed heterorhizy. Among the roots, lateral roots are the major component in quantity and function. This presentation aims to review the recent progresses of our research on the functional roles of the ability of the plant root to change its development as environmental conditions change, known as phenotypic plasticity, which plays key roles in crop adaptation to various abiotic stresses such as water stress.

場所:
資源植物科学研究所プレゼンテーション室
IPSR , presentation room

問い合わせ:
且原真木(Maki KATSUHARA)内線1221 kmakiATokayama-u.ac.jp
*メールの際は、お手数ですが@をATに変えて送信願います。