「岡山大、植物の人工染色体作製 作物開発に期待」の記事が共同通信、日本経済新聞、山陽新聞、日刊工業新聞、毎日新聞に掲載

当研究所村田稔教授らのグループは、遺伝情報が入った染色体を植物の細胞内で人工的に作り出すことに成功したと発表。特定の遺伝子を組み込むことで、害虫や風雨に強い新しい植物や作物の開発につながるとした記事が、2013年4月25日付の共同通信、4月25日付の日本経済新聞、4月26日付の山陽新聞、4月29日付の日刊工業新聞、5月21日付の毎日新聞に掲載されました。

報道機関:
共同通信 2013年4月25日
日本経済新聞 2013年4月25日
山陽新聞 2013年4月26日
日刊工業新聞 2013年4月29日
毎日新聞 2013年5月21日

関連Link:
共同通信
日本経済新聞
山陽新聞
日刊工業新聞