「イネにヒ素蓄積抑制遺伝子 岡山大資植研・馬教授ら発見」の記事が山陽新聞に掲載

岡山大資源植物科学研究所の馬教授らの研究グループが、イネには、根から吸収したヒ素が米粒に蓄積されるのを抑制する遺伝子があることを突き止めた。より安全なイネの開発につながる成果。米科学アカデミー紀要電子版(20日付)に掲載された。

報道機関: 山陽新聞 2014年10月27日 24面