「極北に100万の種子保存」の記事が山陽新聞に掲載

北極圏のノルウェー領スピッツベルゲン島の永久凍土を掘ったトンネル内の地下倉庫では、世界各国から送られてきた農作物の種子を半永久的に保存している。岡山大資源植物科学研究所からは大麦の種子が提供されている。

掲載記事:山陽新聞 2015年2月2日