「岡山大資植研の新棟完成 最先端研究拠点に」の記事が山陽新聞に掲載

岡山大資源植物科学研究所の新棟が完成し3日、竣工式が行われた。最新の実験設備を導入し、複数チームで共同研究できるスペースも整備。国内外の研究者が活用できる共同スペースも設けた。式には関係者約100人が出席。森田潔学長が「農業研究で世界をけん引する拠点施設として、一層の発展に期待する」とあいさつした。

掲載記事:山陽新聞 2015年6月4日 20面