「植物研とケニア研究員 共同研究で成果上げる」倉敷ケーブルテレビ

ケニアのジョモケニアッタ農工大学と進めている共同研究も6年目となり、イネやソルガムを用いた研究が進められ、成果も上がりつつあります。今回は、前川教授とエミリーギチュヒさん、坂本教授とピーターカマウさんの行っている研究について紹介されました。ケニアとの国際共同研究は、植物研が進める植物ストレス科学研究を国際展開するための重要な取り組みで、次世代作物共同研究コアの国際新展開グループにより進められています。