野生植物グループ

野生植物グループのホームページへ

教員

准教授: 池田 啓 Assoc. Prof. Dr. Hajime IKEDA
E-mail: ike@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 系統地理学、進化生物学
助教: 山下 純 Assist. Prof. Dr. Jun YAMASHITA
E-mail: junyama@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 系統分類学

主な研究テーマ

1. 植物の光受容体を介した地域適応機構の解明
植物は発芽して、成長し、花を咲かせ、次世代を担う種子を作ることで生活史を営みます。動物のように移動できない植物にとって、これらの時期を周囲の環境に適した形で制御することは植物の環境適応として重要な役割を持つことが考えられます。私たちはこうした植物の適応戦略を決める因子として、植物の光センサー(光受容体)である『フィトクロム』に注目した研究を進めています。。

2. 周北極-高山植物における生物地理学的研究
日本列島の高標高山岳地域(高山帯;北緯35度)には、北極圏(北緯75度)に分布する植物と共通する種や近縁な種が生育しています。白夜のある北極圏と日本列島では日長を初めとした植物の生育環境が劇的に違うはずです。なぜこのような環境の違いの中で類縁な植物が生育できるのかという問いを、遺伝子解析による系統地理学の研究から明らかにすることを目指しています。

3. 植物の分子系統解析を中心とした系統分類学的研究
広義ユリ科、カヤツリグサ科、ヤマノイモ科などの単子葉植物を主な材料として、伝統的な分類体系を分子系統などを用いて検証し、表現形と系統関係の不一致の生物学的意味を探ると共に、より調和的な分類体系の構築を目指す。研究材料と遺伝資源の収集や植物相調査のための野外調査も行う。

Latest publications (for complete and most current publications visit group pages)

(1) 園田昌司・山下純・岸本英成モモ圃場におけるカブリダニの植物餌資源の利用. 植物防疫71: 28-34. (2017. 2.)
(2) Hata, D., Higashi, H., Yakubov, V., Barkalov, V., Ikeda, H. and Setoguchi, H. Phylogeographical insight into the Aleutian flora inferred from the historical range shifts of the alpine shrub Therorhodion camtschaticum (Pall.) Small (Ericaceae). Journal of Biogeography 44: 283-293. (2017. 2.)
(3) Kameoka, S., Sakio, H., Abe, H., Ikeda, H. and Setoguchi, H. Genetic structure of Hepatica nobilis var. japonica, focusing on within population flower color polymorphism. Journal of Plant Research 130: 263-271. (2017. 3.)
4) David Wari・佐藤翼・山下純・園田昌司カブリダニ類(ダニ目:カブリダニ科)の天敵温存植物ヤイトバナ(アカネ科)がモモ圃場におけるハダニ類(ダニ目:ハダニ科)の発生に及ぼす影響. 日本応用動物昆虫学会誌61: 178-183. (2017. 8.)
(5) Ikeda, H., Eidesen, P., Barkalov, V., Yakubov, V., Brochmann, C. and Setoguchi, H. Late Pleistocene origin of the entire circumarctic range of the arctic-alpine plant Kalmia procumbens. Molecular Ecology 26: 5773-5783. (2017. 10.)
(6) Ikeda, H. and Setoguchi, H. Importance of Beringia for the divergence of two northern Pacific alpine plants, Phyllodoce aleutica and Phyllodoce glanduliflora (Ericaceae). Biological Journal of Linnean Society 122: 249-257. (2017. 10.)