カボチャ外向きケイ酸トランスポーターの同定

[著者] Mitani-Ueno, N., Yamaji, N. and Ma, J. F.

[タイトル] Silicon efflux transporters isolated from two pumpkin cultivars contrasting in Si uptake

[掲載誌]  Plant Signaling & Behavior 6:7, 991-994 (2011)
[内容紹介] ブルームレスとブルームキュウリの台木として使われている2品種のカボチャはケイ酸の吸収能力に大きい違いがあります。2品種のカボチャからそれぞれ外向きケイ酸トランスポーター2種類(CmLsi2-1とCmLsi2-2)を単離しました。2種類ともケイ酸の輸送活性を示しましたが、配列や発現において両品種間に差が見られませんでした。これらのことは、外向きケイ酸トランスポーターが品種によるケイ酸吸収の差の原因ではないことを示しています。(植物ストレス学グループ・馬 建鋒)。

関連リンク

植物ストレス学グループ