宇宙環境に13, 20ヶ月曝露したイネ種子の遺伝子発現

[著者] Sugimoto, M., Oono, Y., Kawahara, Y., Gusev, O., Maekawa, M., Matsumoto, T., Levinskikh, M., Sychev, V., Novikova, N., Grigoriev, A.

[タイトル] Gene expression of rice seeds surviving 13- and 20-month exposure to space environment

[掲載誌] Life Sciences in Space Research 11: 10-17 (2016)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2214552416300578

[内容紹介]  国際宇宙ステーション船外に保管したイネ種子は、保管期間の長さに伴い発芽率が低下し、種子中の発芽に関与する貯蔵型mRNAが減少することを明らかにしました。(文責:ゲノム制御 グループ 杉本 学)

[問い合わせ先] 岡山大学 資源植物科学研究所 杉本 学
E-mail: manabus[AT]okayama-u.ac.jp
([AT]を@に変えて送信ください)

関連リンク

ゲノム制御グループ