ゲノム多様性グループ

ゲノム多様性グループのホームページへ

教員

教授: 佐藤 和広 Prof. Dr. Kazuhiro SATO
E-mail: kazsato@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 植物育種、植物遺伝資源、ゲノム解析
准教授: 最相 大輔 Assoc. Prof. Dr. Daisuke SAISHO
E-mail: saisho@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 植物育種、植物分子遺伝、集団遺伝
准教授: 久野 裕 Assoc. Prof. Dr. Hiroshi HISANO
E-mail: hiroshi.hisano@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 植物分子育種、植物遺伝資源

主な研究テーマ

1. 遺伝解析およびゲノム多様性解析に基づく植物遺伝資源の評価と利用
保存遺伝資源の評価に基づいて、種子休眠性、病害抵抗性などのストレス耐性の遺伝解析と遺伝子単離を行い、遺伝子の機能を解析してその産業利用を図っている。
BARtheme1_R

2. 植物のゲノム情報解析
ゲノム情報や遺伝子発現情報を植物の多様性解析ならびに育種に役立てるため、系統のゲノム配列あるいはmRNA配列の取得と解析を行っている。特にゲノム全体の遺伝子情報を活用して、系統の多様性を解析し、必要とする系統を選抜する技術の開発を目指している。これらの研究に必要な解析ツールならびにデータベースの開発も行っている。
BARtheme2_R

3. オオムギの遺伝的多様性と適応分化に関する研究
中東で起源し世界中に栽培域を広げた栽培オオムギの適応分化の遺伝的背景を明らかにすることを目的に研究に取り組んでいる。特に、出穂特性や非生物ストレス応答性を中心に、表現型の変異の全体像と、遺伝的分化との関係に注目して研究している。
BARtheme3_R

4. 植物有用形質の遺伝的多様性に関する研究と育種への応用
オオムギの環境ストレス耐性に関わる有用形質遺伝子の探索を行い、遺伝的多様性の理解と目的遺伝子の導入・機能解析を行っている。一方で、オオムギにおける形質転換技術の向上を目指し、培養特性関連遺伝子の解析並びに人工ヌクレアーゼによるゲノムへの標的変異挿入を行っている。
BARtheme4_R

Latest publications (for complete and most current publications visit group pages)

(1) Matsushima, R. and Hisano, H. Imaging Amyloplasts in the Developing Endosperm of Barley and Rice. Sci. Rep. 9: 3745. (2019. 3.)
(2) Wu, Z., Wang, N., Hisano, H., Cao, Y., Wu, F., Liu, W., Bao, Y., Wang Z.-Y., and Fu, C. Simultaneous regulation of F5H in COMT-RNAi transgenic switchgrass alters effects of COMT suppression on syringyl lignin biosynthesis. Plant Biotechnol. J. 17: 836-845. (2019. 4.)
(3) Miki, Y., Yoshida, K., Mizuno, N., Nasuda, S., Sato, K. and Takum, S. Origin of wheat B-genome chromosomes inferred from RNA sequencing analysis of leaf transcripts from section Sitopsis species of. Aegilops. DNA Res. 26: 171–182. (2019. 4.)
(4) Tanaka, T., Ishikawa, G., Ogiso-Tanaka, E., Yanagisawa, T. and Sato, K. Development of Genome-Wide SNP Markers for Barley via Reference- Based RNA-Seq Analysis. Frontiers in Plant Sci. 10: 577. doi: 10.3389/fpls. 2019.00577 (2019. 5.)
(5) 那須田周平・佐藤 豊・久野 裕・佐藤和広・小松田隆夫・石川 亮・橋口正嗣・鈴木章弘・星川 健・伊藤 瑛海 バイオリソースと育種学のこれからを考える:NBRPリソースの活用事例から. 育種学研究 21: 81-85. (2019. 5.)
(6) Abe, F., Haque, E., Hisano, H., Tanaka, T., Kamiya, Y., Mikami, M., Kawaura, K., Endo, M., Onishi, K., Hayashi, T. and Sato, K. Genome-Edited Triple-Recessive Mutation Alters Seed Dormancy in Wheat. Cell Rep. 28: 1362-1369. (2019. 7.)
(7) Michikawa, A., Yoshida, K., Okada, M., Sato, K. and Takumi, S. Genome-wide polymorphisms from RNA sequencing assembly of leaf transcripts facilitate phylogenetic analysis and molecular marker development in wild einkorn wheat. Mol. Genet. Genomics 294: 1327-1341. (2019. 10.)