イネのアルミニウム耐性に関与するクエン酸輸送体遺伝子OsFRDL4の発現調節機構

[著者] Yokosho, K., Yamaji, N., Fujii-Kashino, M. and Ma, J. F.

[タイトル] Retrotransposon-mediated aluminum tolerance through enhanced expression of the citrate transporter OsFRDL4

[掲載誌] Plant Physiol. 172: 2327-2336 (2016).

[内容紹介] OsFRDL4はクエン酸輸送体であり、イネのアルミニウムによるクエン酸の分泌を司る。しかし、その輸送体遺伝子の発現は品種によって異なり、今回はその違いの一因はプロモーター上の1.2kbのレトランスポゾンの挿入によることを明らかにした。また様々な品種を解析した結果、この挿入は栽培化の初期に起こったことが示唆された。

(文責 植物ストレス学グループ・馬 建鋒)