イネ外向きケイ酸トランスポーターLsi2のさらなる機能解析

[著者] Yamaji, N. and Ma, J. F.

[タイトル] Further characterization of a rice Si efflux transporter, Lsi2

[掲載誌]  Soil Sci. Plant Nutr., 57: 259-564 (2011)

内容紹介] イネの安定多収にはケイ素の高蓄積が欠かせない。イネの根のケイ酸吸収は内向き輸送体Lsi1と外向き(排出)輸送体Lsi2の両者が担っている。本研究ではLsi2の組織局在と発現様式について更なる解析を行った。Lsi2プロモーター制御下にGFPを導入した形質転換イネでは、主根および側根に発現が観察されたが、根毛には見られなかった。Lsi2タンパク質は側根においても主根と同様、外皮および内皮の遠心側に局在した。Lsi2遺伝子の発現は野生株においてはケイ素の施与によって低下したが、lsi2変異体では変化しなかったことから、地上部のケイ素蓄積を受けて制御されていることが示唆された。乾燥およびアブシジン酸処理は速やかにLsi2の発現を抑制した。水田における生育時期毎の調査ではLsi2の発現は出穂の前後に一過的に増大した。これらの発現様式はLsi1とよく類似しており、両者の発現は環境条件とケイ素の要求量に応じて共通の制御を受けていることが示唆された(植物ストレス学グループ・馬 建鋒)。

 

関連リンク

植物ストレス学グループ