イネの銅の導管への輸送に関与するOsHMA5

[著者]   Deng, F., Yamaji, N., Xia, J. and, Ma J. F.

[タイトル]  A member of heavy metal P-type ATPase OsHMA5 is involved in xylem loading of copper in rice

[掲載誌]   Plant Physiol. 163: 1353-1362 (2013).

[内容紹介]  銅(Cu)は植物の必須元素で、様々な酵素の活性などに必要です。根によって吸収された銅は、地上部へ輸送されるために、まず導管にローディングする必要があります。我々はイネHeavy metal-transporting P-type ATPase (HMA)ファミリに属するHMA5が銅の導管への輸送に関与していることを明らかにしました。OsHMA5は銅の輸送活性を示しました。栄養成長期において、OsHMA5は主に根の内鞘細胞に局在し、この遺伝子を破壊すると、地上部への銅の輸送が減少し、逆に根に蓄積しました。一方、生殖成長期において、OsHMA5は節、穂軸、穂首の導管周辺にも局在し、OsHMA5を破壊すると、稔実歩合が減少し、玄米の銅の濃度も減少しました。OsHMA5の発現は過剰の銅によって増加しましたが、銅や他の金属の欠乏によって影響されませんでした。これらのことから、OsHMA5は銅を導管へローデングするために必要な輸送体であることを示しています。
(文責:馬 建鋒)

関連リンク: 植物ストレス学グループ