イネ種子への銅の集積に関与するOsHMA4の同定

[著者] Huang, X. Y.,* Deng, F.,* Yamaji, N., Pinson, S. R. M., Fujii-Kashino, M., Danku, J., Douglas, A., Guerinot, M. L., Salt, D. E. and Ma, J. F.

[タイトル] A heavy metal P-type ATPase OsHMA4 prevents copper accumulation in rice grain.

[掲載誌] Nat. Communications  7:12138 doi: 10.1038/ncomms12138  (2016).

[内容紹介] イネ種子中の銅濃度の品種間差を利用して、OsHMA4遺伝子を同定した。OsHMA4は液胞膜に局在する銅輸送体をコードする。主に根の内鞘細胞に局在し、この遺伝子を破壊すると、種子への銅の蓄積が増加した。

(文責 植物ストレス学グループ・馬 建鋒)