イネの種子発育に関わるリン酸輸送体

[著者] Che, J., Yamaji, N., Miyaji, T., Mitani-Ueno, N., Kato, Y., Shen, R.F. and Ma, J.F.

[タイトル] Node-localized transporters of phosphorus essential for seed development in rice

[掲載誌] Plant and Cell Physiology, doi.org/10.1093/pcp/pcaa074 (2020).

[内容紹介] イネ体内のリンの約8割は最終的に種子に輸送されるが、リンの種子への集積機構についてはまだ明らかにされていない。本研究では、イネの節で高発現する二つの遺伝子OsPHO1;1OsPHO1;2について詳しい機能解析を行った。その結果、特にOsPHO1;2が種子へのリンの分配に関与していることを明らかにした。この遺伝子を破壊すると、種子の発育が著しく悪くなり、収量も低下してしまう。(文責:植物ストレス学グループ・馬 建鋒)

関連リンク 植物ストレス学グループ