植物ストレス科学共同研究コア


光環境適応研究グループ

  • 光環境適応研究グループでは、光環境が植物の成長に及ぼす影響を調べるため、光合成および葉緑体(プラスチド)の環境適応機構について研究する。時々刻々に変化する光環境(光ストレス)は光合成装置を阻害し、特に、過剰エネルギーは光合成を阻害し生長を抑制する。本グループでは、光合成装置の光阻害とその緩和作用を分子レベルで解析し、光合成機能の向上と植物の生産性向上のための研究を行う。またプラスチドから葉緑体への分化と維持(クオリティーコントロール)に関する分子機構についても研究の対象とし、葉緑体分化の全体像と光環境適応における役割を明らかにする。
    教授: 坂本 亘   准教授: 松島 良   助教: 加藤 裕介

光環境適応研究グループのホームページへ


環境応答機構研究グループ

  • 植物は、移動ができない為に生育環境が激変してもそれに適応できなければ生き延びられず、植物は特有の環境応答機構を持っていると考えられる。当研究グループは、高等植物が乾燥などの非生物的環境ストレスの認知・適応機構、それに関与する植物ホルモンの作用の解明を目指して主にモデル植物を対象に、分子遺伝学、分子生物学、生理学的解析を行っている。特に、植物ホルモンのアブシジン酸応答機構の解明、ストレス応答に関わる植物ホルモン間の相互作用の理解、化学遺伝学によるストレスセンサーの同定、乾燥応答に関わる気孔の開閉制御機構の解明を進めている。
    教授: 平山 隆志   准教授: 森 泉   助教: 池田 陽子

環境応答機構研究グループのホームページへ


植物ストレス学グループ

  • 世界の耕地面積の約7割を占める問題土壌では、養分不足や有害元素の過剰などのミネラルストレスが原因で作物の生産性が低下している。本グループではこのような問題土壌での生産性の向上を目指して、植物のミネラルストレスに対する応答反応、とりわけ耐性機構について個体レベルから遺伝子レベルまで研究を行っている。
    教授: 馬 建鋒   准教授: 山地 直樹   准教授: 三谷 奈見季   助教: 横正 健剛

植物ストレス学グループのホームページへ


植物分子生理学グループ

  • 本研究グループでは、植物の細胞、生体膜、機能分子について、土壌環境ストレスへの応答適応機構との関係において研究を進めています。塩/浸透圧ストレス応答においては、水輸送体である膜タンパク質アクアポリンの機能と活性調節機構に注目して研究しています。さらに、酸性土壌において根の生育を阻害するアルミニウム(Al)イオンに着目し、細胞の成長制御機構やAl耐性機構について解析しています。
    教授: 且原 真木   准教授: 佐々木 孝行

 植物分子生理学グループのホームページへ


植物・微生物相互作用グループ

  • 植物の生育は様々な微生物との相互作用の上に成り立っている。これら微生物の中には、植物にとって有害な病原微生物や有益なものが多数含まれている。ある種のウイルスを含む微生物は、植物に感染し(病気を引き起こし)、大きな被害をもたらす。一方、植物の病原微生物に感染し、生物防除因子として機能するウ イルス(ヴァイロコントロール因子)も存在する。また、植物地上部には植物の生育を促進、あるいはストレス耐性を付与する細菌/糸状菌が多数見つかっている。本グループでは、これら植物/微生物間の相互作用・せめぎあいの研究を進めている。
    教授: 鈴木 信弘   准教授: 近藤 秀樹   准教授: 谷 明生   助教: 兵頭 究

植物・微生物相互作用グループのホームページへ


植物・昆虫間相互作用グループ

  • 植物は昆虫に対する防御機構を植食性昆虫との長い共進化の過程で獲得してきた。この過程において、植物は多様な化学的、機械的防御機構を発達させてきた。本グループは、植物・植食性昆虫間の相互作用と植物側の防御機構を研究している。殺虫剤は総合的害虫管理(IPM)における基幹的な防除手段であるが、標的害虫だけでなく、天敵も殺してしまうことが時として問題となる。しかし、選択性殺虫剤の使用により、害虫管理における殺虫剤と天敵の両立が可能になりつつある。本グループは環境に優しい作物保護に関する研究も行っている。
    教授: Galis Ivan    助教: 新屋 友規

植物・昆虫間相互作用グループのホームページへ